マグネットバー<ペケピタ>

ペケピタの特長:①マグネット部以外でも書類をキープ!使い方は自由自在!②スチール壁面にキズをつけにくい!③強力だけど、取り扱いはとても簡単!

「ペケピタ」の秘密

ペケピタの秘密:イメージ画像

【図1】はスチール面に設置していない状態のマグネット形状です。マグネット部は、先端部よりも若干奥まった形状をしており、これをスチール面に設置すると、【図2】のような状態になります。

マグネットの磁力で【図1】の隙間がなくなり、その圧力が各先端部にも加わることで、先端部の保持力が更に高まります。

【1つで4ヶ所をとめる】

(マグネットクロスバーのみ)
クロス形状の四方先端部で用紙をピタッと固定。1つのマグネットで4点とめられるので、見た目もすっきりおさまります。

【最大50枚までOK】

1方向の先端部だけでとめるなら、最大50枚(ペケピタミニは25枚)までOK。関連のある書類やメモなどをまとめてとめておけるので便利です。

このページの先頭へ

構造図

  • 中央のマグネット部と両先端部の3ヶ所(先端部にマグネットは付いていません)で用紙を留めることができます。(マグネット部ではさむと、マグネットとスチール壁面との間がひらくため磁力が弱くなります。詳細は「保持力について」を参照)
  • 樹脂に弾力がありますので、両先端部に異なる枚数(「左先端部に20枚、右先端部に5枚」など)をはさんで使用することができます。
  • マグネット部分は樹脂枠より1mmほど奥まっています。 使用する機器とマグネットが直接触れていないので、使用中マグネットをスライドさせても、スチール壁面にキズが付きにくくなっています。(キズつくおそれもあるので、故意にはスライドさせないでください)
  • ネオジウム磁石は非常に磁力が強いため、普通のマグネットのように引っ張ってはずすことは困難ですが、 このマグネットバーは、使用壁面より手前に剥がすようにマグネットを傾ければ、簡単に取り外せるようになっています。
マグネットクロスバーの構造図&サイズ
マグネットバーの構造図&サイズ

マグネットの裏面

マグネットバー&クロスバーの裏面(マグネット部分)
  • マグネットが付いているのは、中央部分のみです。
  • 先端部にマグネットは付いていません。
  • 先端部で書類を保持する場合、樹脂の弾性を利用してスチール面との間で挟み持つ状態になります。
    ※詳しくは『「ペケピタ」の秘密』をご覧ください。

このページの先頭へ

マグネットバー/保持力について

完全にマグネットバーが動かない、PPC用紙(64グラム/平方メートル)の最大保持枚数。
※保持枚数はPPC用紙の厚みや、スチール壁面の厚みによって異なります。

使用パターン(1)
(1)約25枚
中央のマグネット部分のみで保持(用紙:斜め)
使用パターン(2)
(2)約25枚
中央のマグネット部分と両先端部で保持
使用パターン(3)
(3)約55枚
片側先端部のみで保持(用紙:斜め)
使用パターン(4)
(4)約55枚
片側先端部のみで保持

このページの先頭へ

マグネットクロスバー/保持力について

完全にマグネットバーが動かない、PPC用紙(64グラム/平方メートル)の最大保持枚数。
※保持枚数はPPC用紙の厚みや、スチール壁面の厚みによって異なります。

使用パターン(1)
(1)約25枚
(ペケピタミニ:12枚)
中央のマグネット部分と四方先端部で保持(用紙:斜め)
使用パターン(2)
(2)約25枚
(ペケピタミニ:12枚)
中央のマグネット部分と四方先端部で保持
使用パターン(3)
(3)約50枚
(ペケピタミニ:25枚)
1方向先端部のみで保持(用紙:斜め)
使用パターン(4)
(4)約50枚
(ペケピタミニ:25枚)
1方向先端部のみで保持

このページの先頭へ

マグネットバー・クロスバー:バリエーション

バータイプ(2個入り):ブルー・オレンジ・ホワイト
バータイプ(2個入り)

スペック等、詳細を見る

バータイプ(1個入り):ローズピンク・スカイブルー・ホワイト・クリア
バータイプ(1個入り)

スペック等、詳細を見る

クロスバータイプ(1個入り):ブルー・オレンジ・ホワイト
クロスバータイプ(2個入り)

スペック等、詳細を見る

クロスバータイプ(1個入り):ローズピンク・スカイブルー・ライムグリーン・オレンジ・ホワイト・クリア
クロスバータイプ(1個入り)
※ミニ クロスバータイプもあります。

スペック等、詳細を見る

環境対応

  • グリーン購入法適合商品
  • GPN
  • 再生材

このページの先頭へ

使用上のご注意

  • 幼児の手の届かないところで使用・保管してください。
  • ディスク、磁気カードなどの磁気媒体や電子機器・精密機器など、磁気に弱いものに近づけないでください。データ・機能を破壊するおそれがあります。
  • 取り付け面のスチールの厚さや表面の仕様により、保持力が十分に発揮できない場合があります。
  • スチール面に取り付けたまま位置をずらさないでください。スチール面を傷つけるおそれがあります。

このページの先頭へ


「WEBカタログ」はこちら
「商品データベース」はこちら
「お問い合わせ」はこちら

「販売店検索」はこちら
法人向け通販「ナビリオン」はこちら
個人向け通販「WEBショップ」はこちら

「ショールーム(歴史資料室)のご案内」はこちら