紙折機 導入事例/製造メーカー

株式会社マクシスコーポレーション 様(製造業)

LF-S670+ミシン目ユニット(本社様)
LF-S620(各支店様:合計4台)

紙折機の導入により請求書の発送業務で大幅な効率化を実現!

株式会社マクシスコーポレーション様は、特殊鋼、建設機械用部品の両事業分野において、確固たる実績と地位を築かれるとともに、ビジネス環境の変化に素早く対応した高付加価値の創出に取り組まれております。

紙折機の主なご用途
イメージ画像

導入の経緯・機種選定のポイント
ご請求書発送業務の効率化を目的として紙折機の新規導入をご検討される中で、事前のデモンストレーションにて、ライオン紙折機の性能をご体感いただきました。
(本社様でLF-S670+ミシン目ユニット、各支店様分でLF-S620(4台)をご成約頂きました)

LF-S670機種選定のポイント
①液晶カラータッチパネルで操作が簡単。
②指定の折り位置が記憶でき、メンテナンスも容易。
③静音モードでオフィス内でも静かに折り作業が可能。
④重送検知機能付きで、もし重送が発生した場合は自動で動作を停止し、請求書の誤封入が防げる。
⑤オプションのミシン目ユニットにも対応。

お客様の声・導入後の効果

これまでは約400~500枚の請求書の折り作業に約2~3時間必要でしたが、紙折機導入によって折り作業時間は10分程度となり、大幅な業務効率化を実現されました。
また、オプションのミシン目ユニットも同時に導入いただき、チケット等の販促物の裁断用途にも幅広くご活用いただいております。

イメージ画像

このページの先頭へ


「WEBカタログ」はこちら
「商品データベース」はこちら
「お問い合わせ」はこちら

「販売店検索」はこちら
法人向け通販「ナビリオン」はこちら
個人向け通販「WEBショップ」はこちら

「ショールーム(歴史資料室)のご案内」はこちら
「取扱説明書のダウンロード」はこちら
「保証登録のお願い」はこちら